2012年09月05日

スジクワガタ

と、ヒラタクワガタが同じ樹におったので捕獲。
IMG_0048.jpg
大きい種類と、小さい種類を並べたらギャップが面白い。

ヒラタクワガタは丁度60mmだった。上にスジクワガタ21mmを置いてみる。
IMG_0050.jpg
かわいい。

ヒラタは、肢が切れてたり大顎が折れたりちびたりしているので越冬成虫か。
IMG_0051.jpg
スジクワガタは、まだまだ羽化したての様子でした。

遊んだあとは、挟まれないように分けて飼育しています。
posted by マフラー巻き at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業や自然

2012年09月03日

隧道の記事じゃない。

いい加減、隧道の記事をうpしたいなぁ〜。。。
と思っているだけで、クワガタ日記と化しているこのブログ。

コクワガタ、まだ採れるねぇ。。。シーズン当初より傷ついた個体が多くなって来たけど、
kuwa.bmp
二次発生らしき、美しいバランスの個体が5匹に一つほど採れます。

散らかしすぎじゃ!!
IMG_0035.jpg
少しは片づけろ〜!

常時、上記状態の娘が、クワガタの気配を感じると起き上ってきます。
IMG_0037.jpg
嬉しそうなこと、嬉しそうなこと。

遊んだ後は、何匹か採った樹に返そうと相談したら、
IMG_0040.jpg
2匹を残して山に返すことになりました。


今年は、ヒラタクワガタ・ノコギリクワガタ・カブトムシの幼虫が生まれたので、
菌糸ビンやらマットやらで生暖かく育てております。
まだ産卵している種類もいるので、かなりの大所帯になりそうな予感。
posted by マフラー巻き at 09:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々徒然

2012年08月31日

外来種

ある〜日、森の中 ♪ ってなノリで娘を連れてクワガタを探していたんです。

そしたら、なんだかよく分らん巨大なメスのクワガタを発見!
オオクワガタか!?うひょーい ♪ でもなんか違うような???
IMG_0026.jpg
大きさ42mm!でっかい、でかいよ!

なにはともあれ、わからん虫はプロの虫屋さんに聞いてみよう!
ということで、近所の向井虫店さんを訪問。

鑑定やいかに!?俺史上、初めてのオオクワか?ヒメクワ?とドキドキしていたら、
向井さん「日本の虫じゃないね!」  マフ巻「おぉう・・・残念。」
む「セアカフタマタクワガタ!」 マフ巻「せすじあかまた?」
む「どこで採ったんです?」 マフ巻「その辺の山で樹液です。。放虫ってやつですか。」
IMG_0031.jpg
はい!ペットをむやみに以下ry
しかし、さすがプロの虫屋さん。外国産まで見分けるとは素晴らしい。

捨てるわけにもいかないので、採ってきた私が育てることに。
虫屋さん曰く「セアカは、現地でWD採集が多いから産卵するかも?」とのこと。
IMG_0032.jpg
おお、そいつは面白そうだ!
ということで、虫屋さんお勧めのヒラタクワガタ用の産卵セットを購入。

マットに置いたら、すぐに潜っていって出てこないので産卵してるかも?
セットして、ひと月ほどたったので期待して待っております。


これと一緒に輸入されたオスは、どこ行ったんかな?飼いよるんかな?
posted by マフラー巻き at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業や自然

2012年08月30日

撲殺

ある日、クワガタとカブトを探しに行ったらこんなものを発見。
IMG_0004.jpg
樹が・・・樹がナタでぶん殴られている!

これやっても、樹液はでませんよ〜。
IMG_0006.jpg
ボクトウ蛾の幼虫が、樹の中で活動するから樹液が出るんです。

傷つけた瞬間だけ樹液が出ますが、夜を待たずにすぐ止まりますし、
傷のせいで樹勢が弱ると、樹液そのものが出なくなっちゃいます。

この辺では、珍しいスジクワガタがよく採れていた樹だったのですが、
傷付け以降は、樹液が減ってスジクワどころかコクワも見かけなくなりました。
posted by マフラー巻き at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業や自然

2012年08月06日

娘ブーム

カエルのピクルスというシリーズだそうです。
Image016.jpg
大小様々な大きさがあり、5色いるのがデフォのようです。

オリンピック、日本勢頑張っていますね〜。従来から強かった柔道や体操、水泳もですが、
バトミントンや卓球、フェンシング、アーチェリーなどのなじみのない競技、
団体競技でメダルが取れるようになったのは、記憶に無いので新鮮に見ています。
posted by マフラー巻き at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然

2012年07月12日

横須賀軍港クルーズ つづき

「ロサンゼルス級原子力潜水艦シカゴ」 でけー。
up.JPG
隣で警戒している哨戒艇の兵士は、マシンガンを持っていました。

原潜の周囲を警戒する「ヴァリアント型曳船 YT-806」
806.JPG
米軍の支援船って、無駄にデザインがカッコいいのはなぜだろう?

つづいて、原潜警備中の海上保安庁「ひめぎく級CL巡視艇はかぜ」
hakaze.JPG
後ろに見える軍艦は、「アーレイバーク級イージス艦フィッツ・ジェラルド」です。
しかし、わたしゃ大物軍艦より支援船が大好きなので、はかぜが見れて嬉しい。

「海洋観測艦しょうなん(手前)・にちなん(奥)」
nan.JPG
手前右側に、湾内警戒中の神奈川県警のゴムボート。

退役自衛艦を発見! 原潜の次にショックを受けた物件です。
kurihama.JPG
「試験艦くりはま」のなれの果て・・・お労しや、俺より年下なのにスクラップか〜。
台湾やベトナムやフィリピンに提供したら残る余生を有意義に過ごしてほしい。。

海上自衛隊の「はつゆき型護衛艦あさぎり型護衛艦」が目刺係留されてた。
nami to kiri.JPG
素晴らしきワークホース。海自が世界基準の船として初めて出したクラスなのです。
あきづき型護衛艦の竣工に伴って、退役したり訓練艦へ転換されており感慨深い。
台湾やベトナムやフィリピンに提供したら中国ry 残る余生も超頑張れ!!

RO‐RO船
roro.JPG
自動車(ここではNISSAN)を、一遍に数百台も運べる船です。

「起重機台船 金剛」
kongou.JPG
深田サルベージ建設の力持ち。沈んだ船をも引っ張り上げるぜ〜。

「潜水艦救難母艦ちよだ」
tiyoda.JPG
世界一の救助設備と技術。凄すぎるので、きっと変態異能者集団が乗っています。

「こんごう型イージス艦きりしま」
i-jisu.JPG
弾道ミサイルもブチ落とすキネティック弾頭はファンネルだ!youtubeで見てね。

最後に、素晴らしい艦と出会えたので特筆して終わります。
「むらさめ型護衛艦はるさめ(手前)・むらさめ(奥)」
ame.JPG
失礼ながら、見た瞬間に「なんでこの「あめ型」は、こんなに汚いんだ??」
と、思ってしまいました。 しかし、ちゃんと汚れている原因があったのです。

昨日、アデン湾の海賊対策から帰って来たばかり!」
なんと!そりゃ汚れているはず、名誉の汚れじゃないか。
(任務上、出港から帰港までの丸一年、ドック入りは当然不可で洗浄や塗装もほぼ不可能な環境となります。)

隊員の皆様、ソマリアでは武装海賊の脅威に対し緊張されたと思います。
日本を初め、世界の普通の暮らしを守ってきてくれてありがとう!御疲れ様でした。
posted by マフラー巻き at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々徒然

2012年07月10日

横須賀軍港クルーズ

実は私、家を立てる際に艦船模型部屋を作ったという艦船オタクなんですw


それゆえ、友人の結婚式ついでに悪天候の中、横須賀軍港巡りを堪能してきました!
oyasio.JPG
最初に「おやしお級潜水艦」が登場。観光客の心を掴む盛り上がりポイントです!
全部米軍だと思っている人がほとんどの中、艦船オタの俺は浮いてる変人っぽい空気w

更にしばらく進むと、大人気の「ヘリコプター空母 護衛艦ひゅうが」が観光客に大人気!!
hiuga.JPG
わたしゃ「防舷材の跡が目立ってきたの〜。」と、周囲が理解できない変態モードでさらにKY。


実は今回、見たかった「原子力空母ジョージ・ワシントン」「ミサイル護衛艦はたかぜ」が、
東シナ海日米韓合同軍事演習の影響を受けて居なかったのが超絶に残念でした。


せっかく横須賀まで来たのに、メインディッシュの原子力空母がいないなんて・・・悲しい。。。。
そのような個人的悲しみに暮れている中、視界に飛び込んできたのがコレ!!
gensen.JPG
見た瞬間、 (  Д ) ゚ ゚ スポーン!!   ってなった、マジで。
ダッシュでクルーズ船の船首に確認をしに行ってしまう KY な俺!!

「おい待て、原子力潜水艦が居るじゃないか! つーか、動いてるYo!」
ohaio.JPG
「ktkrうおーー!!」 と、一人興奮して叫んでいた中、気づけば周りの観光客がドン引き。

ええ。どうせ変人ですよ。でもねあれに核弾頭が数十発も積まれていて珍しいんだよ本当に。
一回出港したら半年は潜ったままだし、潜りっ放し過ぎて航海中に乗組員が何組も離婚するry


それはともかく、動いている原潜を初めて見ました。・・・変人的には素晴らしく感動致します。
原潜の左側に写っているボートは、在日米軍の「シー・アーク・ドーントレス哨戒艇CR34型」

つづく。
posted by マフラー巻き at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然

2012年06月18日

ノコギリクワガタ

養子に出そうとしたコクワガタですが、採集した樹に3匹戻してきました。

その時に、樹を何気なく眺めていたらノコギリクワガタを発見!!
IMG_0158.JPG
大歯を持っていたので、捕まえてしまいました。

画像ではアレですが、土から出てきたばかりなのか?体が赤みを帯びています。
IMG_0159.JPG
でも、さっき見たら黒くなっていました。この個体を次世代への親にしよう。

こちらは、先週捕まえた中歯のノコギリクワガタ。
IMG_0160.JPG
顎の形が違うのがよく分かりまする。誰か要りませんか〜?

希望者がなければ、捕獲した樹に戻してこようと思っています。
IMG_0161.JPG
コクワガタも、まだ大型の個体を2匹余分に飼っています。引き続き里親募集中。

posted by マフラー巻き at 20:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 農業や自然

2012年06月15日

ヒラタクワガタ

ヒラタクワガタの産卵セットを作りました。
Image003.jpg
下の方にある、黒くて固い土の辺りに産んでくれるはず。

産卵木は、ネットで調べたら必要ないそうなので入れませんでした。
Image004.jpg
ほどよい水気を与えた後、木の皮か落ち葉を敷き詰める予定。

ところで、お嫁さんは虫屋さんから買おうかと考えております。
Image006.jpg
雄は野外採集でもいいけど、雌もそうしたら自然の個体数が減りそうだし、
野生のメスが交尾済みかどうかなんて、私には分からないので。

娘も興味津津。 「ちゃんと手伝いをするんよ!」と、命じてみたら・・・
Image007.jpg
箱の上に、カブトムシとクワガタ(のお手玉)を置いて満足気でした。

あと、昨日ノコギリクワガタの中歯 ♂ を採集しました。WF1目指します。
ノコが出たから、カブトムシが出てくるのもそろそろかも?楽しみ。
posted by マフラー巻き at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業や自然

2012年06月09日

コクワガタ

40o前後の ♂ 3匹(WD)を保育所に持って行くことにしました。
Image004.jpg
コクワガタだし、保湿剤を入れてゼリーも付けておいたので長く楽しめるはず?

しかし、今時の子供はカブトムシとかクワガタで遊ぶのか? と、ちょっと心配。
Image006.jpg
軽くてダニを寄せにくいコクワガタ用のマットを作り、大あごを持つ3匹をチョイス。

子供ゆえに、クシャッとやってしまうかも知れませんが何事も経験だ。
Image005.jpg
画像で見ると、狭いカゴに3匹も飼って大丈夫かな?と思われますが、
コクワガタであることと、このサイズに3匹までは、経験として大丈夫かなと。

この他に、中あごと小あごのコクワガタを計3匹飼育しておりますんで、
引き続き、里親募集中です。手軽に簡単に飼育できますよ〜。面白いよ〜!
posted by マフラー巻き at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業や自然