2013年08月22日

ヒラタクワガタの菌糸ビン

クワガタの幼虫は、きのこの菌糸ビンの中で育てます。

冬場は、菌糸のパワーが強くなるのでビンからキノコが生えることも。
IMG_0420.jpg
ヒラタケの菌糸ビンだったから、ヒラタケが生えているはず。

上の写真の次の日が ↓
IMG_0426.jpg
こんなになっても、中にいるクワガタは生きています。

現在、この菌糸ビンで飼われているクワガタが、続々と羽化を始めています。
で、だいたい羽化後2週間〜1ヵ月したら取り出しできるようになります。
こんな感じで。(はみ男の日記より)

暑い中だけど、今週末に取り出す予定なので楽しみだ。

ヒラタクワガタ、コクワガタ、ノコギリクワガタ(休眠中)差し上げます。
取りに来てくれたら嬉しい。(郵送したら暑さで虫が死にそう…。)




おまけ
IMG_0427.jpg
この後、キノコは美味しく頂きました。
posted by マフラー巻き at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業や自然

2013年02月17日

小網隧道(小網の通り穴)

おーひーさーしーぶー、の7年ぶり(謎)に新規レポートをば。

今回は、上灘隧道(小網トンネル)の旧道に会ったと云われる、
小網隧道(小網の通り穴)に行ってきました。

愛媛県 小網隧道
http://www.mafura-maki.jp/tanbo/ehime/koami/view9.cgi
tizu.jpg
posted by マフラー巻き at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 更新情報

2013年02月16日

'13 つくし

先ほど観察したら出てきていました。
IMG_2014.jpg
まだ、ほとんどが土から頭をのぞかせただけの状態ですが、
IMG_3255.jpg
来週にはたくさん採れるようになりそうです。

IMG_8300.jpg
posted by マフラー巻き at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業や自然

2013年02月08日

ボーイング787 松山空港

ボーイング787、まさかのトラブルです。
とても快適な飛行機だったので、もったいないし残念に思います。
matuyama.jpg
その運航停止中のB787が、松山空港に駐機されているので見てきました。


ターミナルビルよりも、海側にいます。Aゲートの一つ西側。
image.jpeg
おいたわしや・・・松山〜羽田で使われていたのですが、羽田へ出発する前に運航停止。
B787.jpeg
エンジンは、ビニールで包まれていました。
B.jpeg
駐機料が、1日2万円かかっているのはどうするんだ?と思っていたら、
国直轄空港に駐機された機体は免除されるようです。松山は直轄なので免除。

加湿器の効いた機内、耳の痛くならない与圧、静かなエンジンにエコな燃費、
TOTOがオリジナルで作った便器(笑)などを装備、早く大空へ復帰してほしい!

以下、この日の松山空港で見た機体を紹介。続きを読む
posted by マフラー巻き at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然

2013年01月11日

旧中村街道の煉瓦隧道群

現在は、国道56号線として整備されている中村街道ですが、
その旧道には、明治に造られた煉瓦製隧道が三本も残っています。

逢坂隧道(初代)
oosaka.jpg


熊井隧道
kumai.jpg


樫迫隧道
kasisako.jpg


この三本の明治煉瓦隧道には、それぞれ漢文調の扁額があり、
逢坂隧道に「開明之利澤」、熊井隧道は「人代天工」、
そして樫迫隧道が「遠運通利」と記されていることに注目すると、
設計思想が同じであり、地域の期待を背負っていたことが分かってきました。

それぞれ本文中に、新しい情報を少しずつ加えておりますので、
お暇な時にご覧ください。ただし、画像は古いままですが。。。

他にも旧道には、須崎隧道・長佐古隧道・名古屋隧道・逢坂隧道(二代)とありますが、
この四本は、コンクリ製(一部石積み)かつ昭和製なので今回は割愛します。
posted by マフラー巻き at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 更新情報

2012年12月19日

久喜橋と油田

昭和10年竣工で、コンクリートアーチ構造をもつ久喜橋へ行ってきました。
tuki.jpg

この日は、しっぽつきさん、なおちさんと一緒にツーリングだったのです。
sippo.jpg
久万高原町にある、向山林道へ行った帰りに立ち寄りました。

高知県に現存する沈下橋の中で一番古い物だそうな。
6.jpeg
ちなみに鉄筋コンクリート製。
上路式で、二径間の桁橋+RCアーチ(13m)。 橋台は自然石!

コンクリート会社の敷地内?のようになった町道を下ると、↓ のように出現します。
2.jpeg
仁淀川の川幅が最も狭くなる場所、ゆえに激流となる区間に架けられていました。
3.jpeg
工事費を抑えながらも激流に耐える物を造る為、アーチと桁を組合わせたのでしょう。
4.jpeg
半ば埋まりつつも、親柱が現存!
5.jpeg
生活道路として現役であり、2004年3月に国登録有形文化財に指定されました。

ここから下は、漢の夢。なんと、この近辺には天然ガスが出るらしい・・・。
続きを読む
posted by マフラー巻き at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旧橋

2012年11月19日

ツーリングしましょ。

知る人ぞ知る我がBBSにて(笑)、ツーリングの計画が立っておりまする。
tu.jpg
今週土曜、11月24日にオフロードする?っぽいツーリングが開催されます!

私がコース取りをして良いとのことで、森林軌道跡も考えてみたのですが、
現在の参加メンバーは愛媛からマフ巻、高知からしっぽつきさん、なおちさん、九朗さん。

・・・俺以外、高知ばっかりじゃ!w

なるべく、高知のネタをした方がいいかなと思ってはいるのですが!!
taka.jpg
二輪だから雪が怖いのであります。  ↑ この程度でも凍結してたら死ぬ。w

で、思いついたのが銀河の破片がある林道。(愛媛県 旧面河村 向山林道)
ginga.jpg
清水・中村や足摺からだと遠いような気がするんですが、この林道どうでしょう?
意見もとむ!  あと、参加したい人募集中です。

posted by マフラー巻き at 20:14| Comment(15) | TrackBack(0) | バイク

2012年10月11日

カブトムシの標本

娘が初めて樹液採集したカブトムシ、☆になったので標本にしてもらいました。
kabuto.jpeg
記念になるものだから大事にしていきたいです。 標本作製は向井虫店さん。

採集したのが8月6日で、☆になったのが9月19日でした。
kabu.jpeg
ありがとう、これからもよろしく。

大きいカナブンがおるよ!」と言って、娘が持って来たのが出会い。
大きいカナブンじゃなくて、「小さいカブトムシ」だったのでびっくりした。

ところで、10月10日なのにヒラタクワガタのペアを発見!(採集せず)
hirata.jpeg
一生懸命口説いていたけど、体育の日は成功したかな?
この時期に産卵するのだろうか?越冬して来春に産むのかも。
posted by マフラー巻き at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業や自然

2012年09月28日

壁地隧道

他力本願!九朗さんが、古い写真を投稿してくれたので追加しました。

高知県 壁地隧道
http://www.mafura-maki.jp/tanbo/kouti/kabeji/view9.cgi
kabeji.bmp
昭和の大量生産型ですが、少し狭かったので旧道化しました。

イカロス出版の「廃道をゆく3」にて、しろさんが隧道以前の壁地峠を執筆しております。
私も、旧津島町の岩松橋を投稿しております。ぜひ購入してみてください。

で、この「廃道をゆく」ですが、第4号の出版が決まったそうです。楽しみだ。
posted by マフラー巻き at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報

2012年09月14日

カブトムシ

いーもーむーしーコーロコロ♪
IMG_0062.jpg
カブトムシの幼虫ってデカくなるの早い!8月上旬に孵化して、もうこんな大きさに。

でも一匹だけ、なんだか元気がなくて小さいサイズのが・・・?
IMG_0057.jpg
触ってもあまり弾力がないような…?ぶよぶよ病にしては水っぽくもないし。

こんな感じ。 ↓
IMG_0060.jpg
この色は、やっぱりブヨブヨ病ってやつでしょうか?

隔離して飼育続行してみます。元気になってくれー。
IMG_0063.jpg
自力で潜っていくのも辛そうだったので、軽く埋めてあげました。

小さい病気のやつが9g、元気な四匹は16g,19g,20g,20gでした。
posted by マフラー巻き at 09:03| Comment(11) | TrackBack(0) | 農業や自然