2009年06月06日

旧国道56号線・伊予市(犬寄峠)

旧R56第三弾!伊予市と旧双海町境の101型を紹介します。
21-6-6-0.jpg
場所 ↓
http://www.mapion.co.jp/m/33.6925847222222_132.707508611111_8/
21-6-6-1.jpg
平成17年9月に台風で現役国道が崩れた際の写真です。
災害時、白看板のある旧道を迂回路として、整備利用することが
真剣に検討されましたが、旧道も崩れていた為に断念されています。
21-6-6-2.jpg
実は、撮影時に旧道の復旧は終わっていませんでしたが、
オフロードバイクに乗っていたので通行&撮影できました。
posted by マフラー巻き at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年06月05日

旧国道56号線・伊予市

旧R56第二弾は、伊予市商店街に残る103-B型。
21-6-5-0.jpg
地図 ↓
http://www.mapion.co.jp/m/33.7529025_132.703374444444_8/
21-6-5-1.jpg
地図の交差点を挟んで二枚残っていました。
21-6-5-2.jpg
前回紹介した松前町と、この看板の間にあと2枚白看があったのですが、
既に撤去されていることと、写真が無いので省略します。

同じく、内子町や愛南町などにも、撤去済みの白看がありますが
それらも省略。56号線(旧56号)の現存しているもの、
私が写真撮影できているものをシリーズとして綴っていきます。
posted by マフラー巻き at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年06月04日

旧国道56号線・松前町

白看板シリーズとして、今回は56号線を紹介していきます。

旧R56第一弾は、松前町にある103-B型。
21-6-4-0.jpg
場所↓
http://www.mapion.co.jp/m/33.783335_132.707111944444_8/
21-6-4-1.jpg
ほんの少しだけ交差点から北へ離れた位置に残っていました。
21-6-4-2.jpg
松山から高知方向へ、市町村順に紹介していきます〜。
posted by マフラー巻き at 07:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 白看板

2009年05月11日

星越峠2

先日紹介した、徳島県の星越峠へ向かう旧道です。
21-5-11-2.jpg
未舗装路に残される警戒標識がこれ。 勿論、古い規格なので一回り小さい物です。

峠には、白看の外に地蔵と日和佐町が建てた標識がありました。
21-5-11-0.jpg
町が建てた標識は、旧遍路道を示すための物であり、四国ならではの物です。
21-5-11-1.jpg
この星越峠、今は深い掘割と成長した樹木に覆われており、
日中でも薄暗い独特の雰囲気を醸し出していました。
峠より北側は普通車でも訪問できる程度ですが、
南側は崩土や地形の改変により四駆で訪れたほうが無難です。
posted by マフラー巻き at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年05月08日

徳島県 星越峠

国道55号の旧道(未舗装)に残されている白看板です。
21-5-8-0.jpg
峠前後の、狭く屈曲の多い道路状況を考えてみると、
こんな所に残されていることに驚かされてしまいます。
21-5-8-1.jpg
星越峠が、交通の要所であったことを証明する白看でした。
21-5-8-2.jpg
場所
http://www.mapion.co.jp/m/33.7886263888889_134.574265833333_8/
posted by マフラー巻き at 06:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 白看板

2009年05月06日

LOAD LIMIT

高知の鉄道、九朗さんに教えてもらった旧型標識です。
21-5-6-0.jpg
国道32号線旧道にある西谷橋(昭和32年架設)の袂に残されている、
昭和35年12月制定の規制標識(318番)で、
重量制限 9t LOAD LIMIT と書かれています。
21-5-6-1.jpg
今で言うと、赤丸内に9tという標識になるのですが、
現在の標識(320番)に改められたのは昭和38年3月!

この旧型標識は2年と少しの間しか採用されていなかったという、
オブローダー的には、ニヤリとできるレアな物件でした。
21-5-6-2.jpg
場所
http://www.mapion.co.jp/m/33.7913275_133.751228055556_7/
posted by マフラー巻き at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 白看板

2009年05月05日

徳島県道269号線

しろさんが発見した、現役県道に残されている一枚です。
21-5-3-0.jpg

場所
http://www.mapion.co.jp/m/33.9872355555556_133.795129166667_7/
21-5-3-1.jpg

昭和25年3月制定の103-B型です。
21-5-3-2.jpg

カーブミラーの支柱に付いているのが味わい深いですね。
ミラーだけ撤去されて、こんなになっていると思われます。
21-5-3-3.jpg
posted by マフラー巻き at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 白看板

2009年04月05日

旧国道378号線・八幡浜市(保内町)

旧R378第十弾! これで終わりです。
21-4-5-0.jpg
ラストを飾る一枚なのに青くて申し訳ありません。

愛媛県オリジナルの地名標識で、
白看板設置と同時期の物と思われるので掲載してみました。
21-4-5-1.jpg

場所 ↓
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=33/31/27.306&el=132/24/15.613&scl=25000&bid=Mlink

これでR378シリーズはお終いです。
しかし、旧R378はかなり長いので、まだ未発見の物があるかも??
発見次第追加しますが、未掲載の現存情報があればご教授ください〜。
posted by マフラー巻き at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年03月25日

旧国道378号線・八幡浜市(保内町)

旧R378第九弾! ダレて来たので一気に二つ紹介。
どちらも103-C型で同じ交差点にあります。
21-3-25-0.jpg
場所 ↓
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=33/31/04.993&el=132/23/01.142&scl=25000&bid=Mlink

上の写真にて、手前で裏側が見えているのは
21-3-25-1.jpg
長浜町(大洲市長浜)まで8km。

遠くに見えていたのが八幡浜まで20kmでした。
21-3-25-2.jpg
実はココ、白看・旧青看・現青看の三世代が揃っている珍しい交差点なのです。
posted by マフラー巻き at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年03月12日

旧国道378号線・八幡浜市(保内町)

旧R378第八弾! 残り5個を切りました。
103-C型で行き先が八幡浜に変化しています。
21-3-12-1.jpg

地図 ↓
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=25000&el=132%2F25%2F14.730&pnf=1&size=500%2C500&nl=33%2F32%2F24.846

現道は二車線快走、ネズミ捕り注意の素晴らしい路線ですが、
旧道には漁港同士をつなぐ牧歌的な風景が拡がっていました。
21-3-12-0.jpg
ロードバイクでツーリングするのに最適な路線ですよ〜。
posted by マフラー巻き at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年03月06日

旧国道378号線・大洲市(長浜町)

旧R378第七弾。そろそろ飽きてきた。
しかし、この路線も半分以上紹介できています。もうしばしお付き合いください。

103-C型ばかりのこの路線ですが、久しぶりに101型(市町村)の登場です。
21-3-6-1.jpg

場所 ↓
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=25000&el=132%2F25%2F43.860&pnf=1&size=500%2C500&nl=33%2F32%2F53.485

旧路盤が現道に削られた関係で、古ガードレールと共に
掘割の上に残っているという珍しい立地でした。
21-3-6-0.jpg
posted by マフラー巻き at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年03月05日

旧国道378号線・大洲市(長浜町)

旧R378第六弾。
21-3-5-0.jpg

またしても、この路線に多数残る103-C型白看板です。
21-3-5-1.jpg

場所は ↓
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=25000&el=132%2F26%2F06.921&pnf=1&size=500%2C500&nl=33%2F33%2F16.387

平成17年頃までは、大きく曲がることなく存在していました。
21-3-5-2.jpg
posted by マフラー巻き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年02月27日

旧国道378号線・大洲市(長浜町)

旧R378第五弾。
第四弾で紹介した103-Cと対をなす、同じく103-C型白看板です。
21-2-27-0.jpg

場所はココ ↓
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=25000&el=132%2F31%2F11.603&pnf=1&size=500%2C500&nl=33%2F37%2F35.051

数年前に撮影したものですが、画像がちょいと暗くなっちゃいました。
21-2-27-1.jpg
posted by マフラー巻き at 06:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 白看板

2009年02月20日

旧国道378号線・大洲市(長浜町)

旧R378第四弾。
この路線で9割を占める103-C型白看板です。
21-2-20-0.jpg

場所はココ ↓
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=25000&el=132%2F31%2F11.603&pnf=1&size=500%2C500&nl=33%2F37%2F35.051

大洲市に合併され、大字となった長浜町への距離標識でした。
21-2-20-1.jpg

それと、この路線で初めて白看板が二個並んで建っています。
同じ場所で背面を見せている看板の行先は次回紹介しますね。
21-2-20-2.jpg
posted by マフラー巻き at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 白看板

2009年02月09日

旧国道378号線・伊予市(双海町)

旧R378第三弾。

今回紹介するのも103-C型白看板ですが、
行き先がこの路線上の地名ではなくなりました。
21-2-9-1.jpg

下灘町内に存在しており、酒屋と醤油屋の軒先に置かれています。
21-2-9-0.jpg
この看板の先にある交差点に対応していたはずですが、
車にブツけられたのか?道路に対して平行にズレているので、
理解できにくい看板へとなってしまっていました。

(↓地図)
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=33/38/51.792&el=132/34/51.240&scl=25000&bid=Mlink
内子町へは、旧R378から南進して県道に入ると辿り着けます。
posted by マフラー巻き at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年02月03日

旧国道378号線 伊予市(双海町)

旧R378第二弾。

今回紹介するのも、伊予市を指し示す白看板。(103-C)
21-2-3-0.jpg
最も多く現存していると思われる103-Cタイプですが、
昭和25年3月制定の型式であり、立派な古標識となります。

21-2-3-1.jpg
前回紹介した物より7kmほど伊予市から遠ざかりました。
(↓地図)
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=33/40/35.148&el=132/37/49.620&scl=25000&bid=Mlink
それと関係ない小ネタですが、先の記事で紹介した白看板から
この白看板までの間に、旧道おにぎり(R378)が2本残されていました。
しかし、松山に近い側の一本は平成16年頃に撤去されています。
それらの写真は(希望があれば)別の機会に紹介いたしたく候。
posted by マフラー巻き at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年01月30日

旧国道378号線 伊予市(旧双海町) 第一弾

夕焼け小焼けラインこと、「道の駅ふたみ」のあるR378、
一大観光地(ドライブスポット)として車・二輪の名所となっています。

現在は快走路・好展望路線として栄華を誇る国道378号ですが、
注意深く見れば生活道となった狭っ苦しい旧道を見つけられます。

その旧道は、今なお多数の白看板が残っている路線でもあり、
愛媛県内で一番多く白看板が残っている旧道になりました。

そこで、旧R378シリーズとしてこの旧路線に残る白看板を
松山から八幡浜方面に向って紹介していきます。
10枚ほど紹介するつもりなので多少冗長かも知れませんが、
一連のシリーズということで、しばらくお付き合いくださいませ。
21-1-30-0.jpg
まずは、電信柱に隠されてしまった、一番松山に近い白看板(103-C)です。(↓地図)
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=33/41/33.761&el=132/39/15.560&scl=25000&bid=Mlink
こいつは下灘隧道脇の旧道から登って直ぐの場所にありました。
下灘隧道(小網トンネル)
http://www.mafura-maki.jp/tanbo/ehime/kaminada/view9.cgi

21-1-30-1.jpg
電柱の陰から無理やり覗き込んで撮影したものの、
全体像のつかみ難い立地に置かれているのが残念です。
posted by マフラー巻き at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年01月18日

旧国道197号線 八幡浜市

今回紹介するのは、八幡浜商店街のアーケード内に残る白看板。
21-1-18-0.JPG

屋根があるからか、私が見てきた中の愛媛県内で最も状態のよい物です。
21-1-18-1.JPG

しかしこれ、県道でも国道でもない位置にあるんですよね・・・。
今じゃ歩道だし、なんでこんな所に白看板があるんかいな??
21-1-18-2.jpg

疑問を解くべく、調べてみたら面白いことが判明したで紹介します。
「江戸末期、この場所に宇和島藩矢野組代官所がありました。
四辻の中心に位置する代官所は、明治26年(1893)に八幡浜区裁判所となり、
明治末期まで建物が残されていましたが、大正時代に取り壊され、
道路として整備されたことにより、現在の形へ変遷しました。」
…とのことです。(現地周辺観光案内板より)

言うなれば、現在の国道197号線の旧々道(街道)だったのでしょう。
だとしたら、白看板が残されていても不思議はありませんね。
21-1-18-4.jpg

白看板の対面に、そのことを記念した石柱も残されていました。
21-1-18-3.jpg
歴史ある場所に白看板あり!ちょっと言いすぎかな?(笑)
posted by マフラー巻き at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年01月10日

16年ぶりの再発見

昨日、BBSに太田さんから情報を頂いたヘキサ。
実は、1993年に欠番となった県道のものであり、
残っているのが不思議なものだと分かりました。
21-1-10-0.jpg

以下wiki参照 (愛媛県の県道一覧)
「愛媛県道1号 欠番←久万池川線←梼原落出線
梼原落出線は、現在国道440号の一部に格上げ。
久万池川線は、現在国道494号の一部・愛媛県道12号西条久万線の一部、
愛媛県道212号東川上黒岩線等に分割。」

21-1-10-1.jpg
上記の通り、現在は久万池川線という路線は存在していません。
16年前に廃止された路線番号を見られるとは思ってもいませんでした。
太田さん、素晴らしい情報をありがとうございました。

higasikawa.jpg
旧美川村、東川地区の地図 ↑ です。この辺に設置されていたのでしょう。
posted by マフラー巻き at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 白看板

2009年01月05日

愛媛高知県境

寒いですな〜。寒いと言えば寒風山隧道 ↓ 愛媛の隧道 No.6
http://www.mafura-maki.jp/tanbo/ehime/kanpuuzan/view9.cgi
21-1-5-2.JPG

かつて、この隧道の高知県側に白看板がありました。
21-1-5-0.jpg

しかし、この看板は去年の春に倒れてしまったのです。
21-1-5-1.JPG

そして、去年の秋に撤去されていることを確認しました。
こうして毎年、四国内でも何処かしらの白看板が減っており、
せめて記録に残すのが大切なことだと再認識させられております。

最後に、消える直前の雄姿(?)を。
21-1-5-3.JPG
posted by マフラー巻き at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 白看板