2007年12月07日

鉱山

愛媛県西条市には、世界に冠たる輝安鉱を産出した市之川鉱山があります。
輝安鉱(白錫)とは、活版印刷のインクなどに用いられた鉱石ですが、
市之川の輝安鉱は結晶の美しさが圧倒的に世界一だったんです。
http://image-search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B8%82%E3%83%8E%E5%B7%9D&ei=

その美しい結晶は、近くなら愛媛県総合科学博物館や松山市堀之内の
県立博物館に展示されているので、人生に一度は是非ご覧ください。

世界に有名なこの結晶は、大英博物館やスミソニアンにも置かれているとのこと。
オーストラリアのオパール博物館にもイチノカワと紹介されており、
世界的には別子銅山よりも有名な愛媛の鉱山なんです!!(興奮)


で、市之川で一番有名な千荷鉱(せんがこう)に訪問したんですよ奥さん!
12-7-1.jpg
・・・崩れてるよー!! ちゃんと管理してくれ西条市!!
世界に冠たる市之川が泣いてるって…。

↓見たことがない人の為に説明すると、坑門右上が崩落しています。本来はこのような形でした。
12-7-2.jpg
平成16年の台風による激甚災害の傷痕でしょう…。200年に一度の災害だとか。

余談ですが・・・私が訪問した日、坑口の前に新しい血痕がありました。
12-7-4.jpg
周辺に広く散在していたのですが、けがをした人は大丈夫だったのか・・・?
12-7-3.jpg

血の量から言って、悪くて救急車を呼ぶレベル、軽くても病院での縫合が必要なほどです。
12-7-2.jpg

皆さん、山での怪我には気をつけましょうね〜。
posted by マフラー巻き at 21:40| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々徒然
この記事へのコメント
へ〜そんな高レベルの鉱山が西条市に!Σ(゚∀゚;)
穴に入れる所は無いんスか???

「県立博物館」あのユルさが良い(´ー`)
Posted by おちゃ at 2007年12月08日 02:08
ケガじゃなくて事件だったら…
ひぃ

このまま埋もれていっちゃうんだろうか
Posted by はみ男 at 2007年12月08日 04:25
オーストラリアのオパール博物館の学芸員さんが、
別子を知らないのに市ノ川は知っていたほどです。
鉱石として取られたのに、世界に圧倒的な差をもつ結晶は
そのまま鑑賞用として世界に輸出されていました。

現在でも、骨董屋に行けばたまに見かけるそうですが、
市之川ブランドと言って、わずかな結晶が数千〜数万もします。
自己採取ですが、今度の忘年会にお土産で持っていきますね。


※香川の事件直後で、まだ見つかって無い時期だったから、思わず周囲を探しました。
まだ乾いて無い血だったので半日もたってないと思いますが…。
事故が公になって、史跡が閉鎖されてしまうのが一番怖いです。
Posted by マフ巻 at 2007年12月08日 12:26
京都で寺町の骨董品屋めぐりをしたら
古い古い店にあやしい鉱石とか(名前はない)
あった。明治のたんすとか欲しかったけど
こわそうでヤメタ・・・
Posted by ぷ at 2007年12月08日 17:26
鉱石を買う人は自分で鑑定できますからなぁ。
名無しで売られていても、ちょっとかじっただけの私でも
ある程度、それが何かを見分けられるからな〜。

一応、鉱石っつーのは縁起物として通用するらしいっす。
Posted by マフ巻 at 2007年12月08日 19:48
「市之川鉱山殺人事件」第一発見者フラワー巻き

凶器はアンチモンか!?
Posted by アルプ at 2007年12月09日 09:14
第一発見者って疑われるから嫌だな〜。
めんどくせえから通報しないかもww
Posted by マフ巻 at 2007年12月12日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7787069
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック