2013年01月11日

旧中村街道の煉瓦隧道群

現在は、国道56号線として整備されている中村街道ですが、
その旧道には、明治に造られた煉瓦製隧道が三本も残っています。

逢坂隧道(初代)
oosaka.jpg


熊井隧道
kumai.jpg


樫迫隧道
kasisako.jpg


この三本の明治煉瓦隧道には、それぞれ漢文調の扁額があり、
逢坂隧道に「開明之利澤」、熊井隧道は「人代天工」、
そして樫迫隧道が「遠運通利」と記されていることに注目すると、
設計思想が同じであり、地域の期待を背負っていたことが分かってきました。

それぞれ本文中に、新しい情報を少しずつ加えておりますので、
お暇な時にご覧ください。ただし、画像は古いままですが。。。

他にも旧道には、須崎隧道・長佐古隧道・名古屋隧道・逢坂隧道(二代)とありますが、
この四本は、コンクリ製(一部石積み)かつ昭和製なので今回は割愛します。
posted by マフラー巻き at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 更新情報
この記事へのコメント
こんばんは すっかりご無沙汰しております (ι´д`)ゞ

西条のフジグランに行ったら『別子銅山写真展』やってた
時間があったので拝見させてもらってたら… (*゚ロ゚)ハッ!!
な〜んと マフ巻さんの名前を見つけちゃいました
マフ巻さんも写真提供してたのですね
思わぬ場所で再会したみたいで なんか感動したでありますッ /(`Д´)
 
Posted by こうちゃん at 2013年01月14日 01:07
むほほほ。何気に何気な画像提供です。
でも、グランでやっているとは知りませんでしたw

西条図書館で鉱石の展示に提供したこともあるので、
西条市は近代化遺産ブームなのかもしれませんね。

というか、ブログ更新せよ。
Posted by マフ巻 at 2013年01月14日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61384641
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック