2012年08月30日

撲殺

ある日、クワガタとカブトを探しに行ったらこんなものを発見。
IMG_0004.jpg
樹が・・・樹がナタでぶん殴られている!

これやっても、樹液はでませんよ〜。
IMG_0006.jpg
ボクトウ蛾の幼虫が、樹の中で活動するから樹液が出るんです。

傷つけた瞬間だけ樹液が出ますが、夜を待たずにすぐ止まりますし、
傷のせいで樹勢が弱ると、樹液そのものが出なくなっちゃいます。

この辺では、珍しいスジクワガタがよく採れていた樹だったのですが、
傷付け以降は、樹液が減ってスジクワどころかコクワも見かけなくなりました。
posted by マフラー巻き at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業や自然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57908137
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック