2011年12月19日

愛媛の鉱山 金山鉱山

新規レポートの更新をしたけど手抜きでする!いつもどおりry



・・・というか、小規模鉱山かつ古い鉱山なので、所有の文献に記載がなかったです。。
都合により玉川町史を調べていないので、いつか見た時に情報があれば追記します。
zuri.jpg
現地は、ズリの上ですら竹藪化しており、時代の古さを感じることができました。

慌てん坊将軍さんと一緒に行ったんですよ。その将軍様のご勇姿!
超!極小坑口から滑り込んできた瞬間です。 ↓ 来るだけでも凄い根性です。
shougun.jpg
慌てん坊将軍さんのレポートは ↓  いつも為になるHPです。ありがたや。
http://blog.livedoor.jp/awatennbou/archives/1525330.html

私のレポは ↓ いつもいつもいつも、訪問から公開するのが遅くてスイマセン・・・。
http://www.mafura-maki.jp/tanbo/kouzan/kanayama/view9.cgi
posted by マフラー巻き at 20:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 更新情報
この記事へのコメント
お久しぶりです。

もう1年近くたつんですねえ。

いつの間に・・・(・_・;)
写真撮られたの気付きませんでした。

来年は穴組の活動再開と行きたいですな。
Posted by 慌てん坊将軍 at 2011年12月23日 23:45
御疲れ様でした。
そうですね。来年は活動再開と行きましょう。
Posted by マフ巻 at 2011年12月26日 09:21
はじめまして
地元(愛媛)に何か面白いものが無いか調べていてたどり着きましたが、ページを楽しく読ませてもらっています。
ところで、金山鉱山のことについてなのですが、朝倉村誌に記述を見つけました。

昭和13年から15年頃盛んに採掘をし、主に黄銅鉱と含銅硫化鉄鉱を掘っていたそうです。
昭和17年に新しい坑道を20メートルほど掘り進んだものの、鉱脈に当たらず、そこでやめてしまったと書かれています。
Posted by ごん at 2012年03月11日 00:17
最近は、ネタを眠らせたまま更新していなくてすいません。
今後、暇を見つけたらちょくちょく更新したいと思います。

朝倉村史に記述が残っていたのですか。
基本ともいうべき村史に目を通していない私もあれですが(笑)、
鉱山の専門書にも載っていなかった情報です。有難い。

現地の様子ですが、含銅硫化鉄鉱は確認しましたが、黄銅鉱は微細な物ばかりでした。
それよりも綺麗に結晶した磁鉄鉱や、ずっしりとした灰重石に感動したのを覚えています。

20mほどの小さな坑道が、我々が最初に潜った坑道だと思われます。
こちらは、全く鉱脈っぽい物がなかったのですが、試掘坑なら納得です。
Posted by マフラー巻き at 2012年03月11日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52153013
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック