2011年11月30日

紀伊半島日記12 相賀隧道

関西の皆さん久しぶり!紀伊半島ツアーですよ・・・で・す・・よ。遅れて申し訳ありません。
なんかね、私の今までの地図は一個ずつズレているそうで死んでいました。
owase.jpg
↑ 今度こそ間違っていないはず。今までのは気が向いたら直しておきます。 直しておきました。

DSCF2097.JPG
隧道の前に馬越橋が登場。新しい轍が、こんなに沢山ある廃橋も珍しい。(笑)

北側の坑口はコンクリで補強されていました。(昭和29年改修)
ai1.JPG
カーブの途中で坑口となっているせいで、坑口が扁平に大きくなっています。

ai2.JPG
こちらの扁額は読みやすい字体。コンクリに埋められなくて良かった。

ai4.JPG
洞内カーブと、全面の煉瓦巻きが美しい・・・。路面は昔コンクリとのこと。
大正6年(1917)竣工(T.5じゃないそうな)、延長82.2m、幅員3.2m、高さ4m
ai5.JPG
廃道なのに大賑わい!! この後、紀伊半島には台風の大災害があったし、
和歌山で5強の地震があったりしたから無事なのか心配です。

恒例の石銘板。 起工「大正弐年九月」 竣工「大正五年七月」
ai3.JPG
県技師「岩井 藤太郎」&県技手「天野 久」、石工「西村 市蔵」
この一個前にあった三浦隧道にて、解読できなかった石工も西村さんなのかな?

ai6.JPG
南側は煉瓦のまま無事。楯状迫石と読めない扁額が素晴らしい。

久しぶりに思い出しながら書いたら面白かった!
アルプ日記が紀伊半島穴ツアーを再開したら追従します! ・・・巻き込んでやった。

posted by マフラー巻き at 08:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 四国以外の隧道
この記事へのコメント
おお!(゚∀゚)


…と感激してたら、最後で

げげっ!(´□`)


Posted by アルプ。 at 2011年11月30日 21:17
とりあえず、追いつくように頑張る。
三浦隧道は頑張れ。
Posted by マフ巻。 at 2011年12月01日 08:26
あはははっ!

 関西(東海)の人間も忘れとった!てか忘れ去られてる?


Posted by おろろん at 2011年12月01日 21:24
すごーい!3回分まで?(゚▽゚)

楽しみだなぁ〜

Posted by アルプ at 2011年12月01日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51171737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック