2011年09月05日

ノコギリクワガタ(♂)2匹目

カブトムシを探しに行ったのに、またしてもノコギリクワガタを連れて帰りました。
娘に「カブトウシは?」と聞かれたので「世の中は厳しい」と言い聞かせております。
110904_145412.jpg
誰かいりませんか?あげますよ〜。早い者勝ち。
110904_145608.jpg
今回の個体は5cm!大きいし、角の曲り具合が絶妙に素晴らしい!

イモ虫さんも飼うかと、セスジスズメとアゲハ'sを見つけたのですが、
娘が「気持ち悪い!!いらない!!!」と、猛烈に拒否しており飼育未遂中です。
posted by マフラー巻き at 09:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 農業や自然
この記事へのコメント
気の遠くなるような果てない隧道探訪の旅…感心のため息ばかりですが、くわがた虫を見るとホッとしますね♪(^m^*)
マフ巻きさんは作物や昆虫にも詳しいんだろうって思ってるんですが、いよいよはみ男さんに近付いてきましたかね?
しかし〜娘の抵抗はハードル高そうです〜頑張って!!ヾ(^∀^;)

Posted by ma at 2011年09月07日 00:48
頑張ります!
もうちっと更新頻度が増えたらいいのに・・・
未レポ物件を早期に解決せねば!

ということで、影武者募集ry
Posted by マフ巻 at 2011年09月07日 09:46
今日、こいつの嫁さんを見つけたのでペアになっております。
誰かもらってやってくれい。
Posted by マフ巻 at 2011年09月07日 20:12
松山市の新石手に個人で世界の昆虫標本や全国の岩石標本の博物館を開館されている楠 博幸さんがいます。名前は南日本自然博物館。場所は石手寺から南方向-久米へ抜ける道を進み、橋を過ぎて最初の信号を左折して100メ−トルぐらい進んだ左側道沿いの鉄筋3階建ての大きな建物で入り口に小さな催しものの案内が出ています。電話で予約をお薦めします。089-977-5278.入館料は大人100円だと思います。以前、県立博物館の副館長の人で国内の昆虫標本は、楠さん個人で採集されたものがほとんどで、東南アジアにも採集に行かれたとの話。素晴らしく、また美しい標本コレクションは子供や女性にも評判で愛媛大学のものより見ごたえがあります。愛媛の昆虫の第一人者です。岩石や植物にも造詣が深く愛媛の岩石コレクションも見ごたえがあります。これらもほとんど楠さんの自己採集品です。なんと昔は遠く四国カルストあたりまで自転車で採集に行かれたそうです。お薦めいたします。
Posted by パウル at 2011年09月27日 17:17
岩石と昆虫とは、すごく気になります。情報ありがとうございます!
東南アジアまで行くとは、すさまじい情熱ですね。。。

博物館は、通年開いているのでしょうか?行ってみたいです。
Posted by マフ巻 at 2011年09月27日 20:21
通年開いてます。рナ確認予約してください。でかいカブトムシ、クワガタムシ、美麗な蝶の標本が所狭しと置いています。
Posted by パウル at 2011年09月28日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47741050
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック