2011年05月16日

紀伊半島日記7 赤岩隧道

棚橋隧道を堪能した後は、人道隧道へ案内していただきました。
tizu.jpg

それは、思いがけない場所にありました。

赤岩隧道というもので、資料的なものは例のトンネルリストに載っている
「アカイワズイドウ 竣工年度不明 車通行不可」  …というこれだけ。
これだけで探し出したよととさんはエロい!!穴への情熱に感動しました。
0.jpg
川から山へ、山から海へとやって来ました。 しかし、雨があがらん・・・悲しいまでに。
1.jpg
赤岩隧道は、人道隧道だったせいもあるでしょうが資料的に乏しいようです。
場所も案内して頂かないと、見つけるのに苦労する大変な場所にありました。
2.jpg
港から、まるで材木工場の敷地内かと思うような場所を通ると現れました!
3.jpg
延長36m、高さ1.9m、幅1.8m。 辛うじて貫通?していました。
4.jpg
貫通してるよね? いやまぁ、本当によく見つけましたな。

隧道を抜けた先には、廃墟と河口があるだけで必要性が謎でしたが、
地元の漁師さんたちの、仕事用の通路となっていたのだろうと思います。

車を止めたすぐそばに、巨大なタイヤが落ちていました。
5.jpg
鉱山用タイヤショベルの巨大タイヤ・・・大型特殊免許が欲しくなるぜ!(?)

このタイヤの上で、銀玉鉄砲を見つけたピカさんに攻撃されて戦死させられました
今度、彼が愛媛に来た時に手作りテルミットのIEDで反撃しようと思います。
posted by マフラー巻き at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 四国以外の隧道
この記事へのコメント
地図にものらない小さな地名「アカイワ」を聞き込みで特定!
こんな海沿い!?。。。ありやがる。。。
この感覚堪りませんな。。。ハアハア
Posted by よとと at 2011年05月16日 05:58
本当に、良く見つけましたね。
見つけた時の感動、お察しします(笑)
Posted by マフ巻 at 2011年05月16日 20:04
おお!今回の写真全てアルプさん撮影の写真なんですね。実に省エネだ・・・
Posted by おろろん at 2011年05月20日 22:21
 アルプさんのブログにも書いたのですがこの隧道は紀勢(東)線の建設資材を陸揚地点から紀伊長島駅(建設地)まで運ぶ為のトロッコの跡ではないかと。確証はありませんが・・・
Posted by おろろん at 2011年05月21日 10:55
なるほど、資材関係の建設だというのは説得力があります。
港や河口に接しているので、隧道があれば便利そうですよね。
Posted by マフ巻 at 2011年05月23日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45189117
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック