2011年05月10日

紀伊半島日記5 舟木橋

舟木大橋(国道42号線)の旧橋となる舟木橋へ。場所はココだ!

tizu.jpg

親柱(宮川)
23-5-10-0.JPG

親柱(ふなきばし)
d4df25ba.jpg

架設は昭和9年3月かと思っていたら、ワーレントラス橋に改修された年とのこと。
23-5-10-1.JPG
橋脚はそのまま利用されているので、明治時代の煉瓦がそのまま残されていました。

初代の橋は明治35年に架けられた木橋でした・・・!深くて河川が合流する谷に木橋か・・・
23-5-10-2.JPG
そして、木橋は1年で流出したそうです。(当たり前だw 
e958593d.jpg
翌年、明治36年に煉瓦橋脚を持つ90.2mの舟木橋が誕生しました。
1年とか準備が良すぎるので、木橋は応急措置だと技師も考えていたっぽい?
23-5-10-3.JPG
画像の下流側(右の方)に初代木橋が架かっていたそうです。
ちなみに、橋脚は北側が20m、南で24mもの高さを持っていました。

一年で消えたとはいえ、よくこんな場所に木橋を掛ける技術があったものだ・・・。
23-5-10-4.JPG
話題は変わって、チト気になった左岸にあるアサヒタビの琺瑯看板を掲載。

やっぱり、ここも熊野古道でした。
23-5-10-5.JPG
ウエルカム。 ビバ、熊野古道!

舟木橋データ。
施工:播磨造船所 延長90.2m、S45.8m(3T)、高20.5m。
近代土木遺産B あれ?橋脚は明治38年製との記録が・・・?

posted by マフラー巻き at 14:58| Comment(7) | TrackBack(0) | 旧橋
この記事へのコメント
待ってました〜!


横から見たかったね。

また行かないかん(´゚ω゚):;*.:;ブッ


写真いっぱいもろたので

アルプ日記と隧道探訪の写真が一緒や( ̄▽ ̄)

Posted by アルプ at 2011年05月10日 18:14
雨でブレ写真が多かったから、お互い補完できて良かった。
二日目以降は、はみ男先生の画像もパクるぜ!
Posted by マフ巻 at 2011年05月10日 19:43
 木橋は木でもアーチ!。1スパン38mのアーチ橋。でか過ぎて洪水で流れる前に歪んいたそうで・・・。当時の写真じゃ左右の高さが違うので真ん中に坂が出来てる。

・・・アルプさんと同時進行で連載して頂いてるので同じ様なコメントばかりしてる・・・
Posted by おろろん at 2011年05月11日 22:23
>> おろろさん
なるへそ!!元が歪んでいたんだったら、次の橋への用意がいいわけですね!
勉強になりました。興味本位ですが、歪んでいる写真がどっかで見れませんか?
Posted by マフ巻 at 2011年05月12日 09:11
写真で見る松阪・飯南の百年という大型写真本に載っています。松山では入手は非常に難しいですが。
Posted by おろろん at 2011年05月14日 22:00
なんとか手に入れれるように、手を尽くしてみます。
Posted by マフ巻 at 2011年05月15日 20:24
現橋は最初はトラス部分は木造でした。昭和9年に鉄トラスに変わりました。さしずめ現在の姿は“舟木橋バージョン2.5”といったとこでしょうか。
Posted by おろろん at 2011年05月16日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45048701
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック