2009年06月16日

旧国道56号線・西予市 法華津峠

旧R56第八弾、101型を2本紹介します。
21-6-16-0.jpg
旧町境に残された標識で、宇和町・吉田町の両方が残されていました。
21-6-16-1.jpg
地図 ↓
http://www.mapion.co.jp/m/33.3307838888889_132.529489166667_8/
21-6-16-2.jpg
「宇和町」は豪快に潰れてしまっています。
21-6-16-3.jpg
さて、いつまで残っていることやら・・・。
posted by マフラー巻き at 12:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 白看板
この記事へのコメント
宇和町の看板、どうやったらあんなに曲ったのでしょう。
それでも残ってるのがすごい
Posted by まーきみ。 at 2009年06月18日 08:26
珍しい潰れ方なのでなんとも不自然でした。。
土砂崩れか、地震の際に基礎がずれて潰れたのかも知れません。

よくぞ倒れずに残ったもんだと感動の一本でした。
Posted by マフ巻 at 2009年06月18日 15:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29838516
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック