2008年07月12日

落合橋

※以前、某所に書いた旧橋紀行を転載してみました。

愛媛県伊予郡砥部町(旧広田村内)にある落合橋を紹介。
国道379号線旧道の橋であり、仙波ヶ嶽渓谷下流に架橋されており、
平成の市町村合併までココが旧広田村と旧小田町の行政界でした。
合併後の現在も砥部町と内子町の行政界となっており、
橋の袂には、旧小田町入りを示す白看板が残されています。
20-7-12-3.jpg白看板

20-7-12-0.jpg全景

20-7-12-1.jpg銘板

20-7-12-2.jpg橋の上から現国道を望む

玉谷川に架かる1スパンの方丈橋ですが、
桁の部分が赤く塗られた鋼製でした。
これは後年の補強もしくは改修工事による物だと思われます。

築造年等は手持ちの資料に記載がないので不明ということで。
でも、銘板の読みが旧仮名使いの「おちあひばし」とあるので
昭和初期(おそらく戦前)に架設されたと考えています。
posted by マフラー巻き at 13:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 旧橋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16869260
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック