2008年05月22日

渡れない橋

吊り橋があると嬉々として渡る性格である私が、足をかけたのに
最後まで渡れなかったという稀有な橋を紹介します。
千原鉱山という廃銅山に人知れず架かっているのですが、
あまりの貧弱さに渡ることができませんでした。  無念。。。
20-5-22-0.jpg

高さはそうでもないはずなのですが、この写真で見ると怖いかも。
20-5-22-1.jpg

私より無鉄砲な方は自己責任で挑戦してみてください!案内します(笑)
橋が落ちたら良くて骨折、悪くて・・・な〜んて覚悟は必要かも??
20-5-22-2.jpg
posted by マフラー巻き at 19:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 旧橋
この記事へのコメント
生活道?
獣道?
Posted by アズマダ at 2008年05月23日 12:17
産業道路です。
Posted by マフ巻 at 2008年05月23日 15:29
おーー味のある橋や( ̄▽ ̄)

千原ってなんで川があるん?
これ中山川よね?

鉱山って下にあったん?
Posted by アルプ at 2008年05月23日 18:29
中山川で正解です。さすが也!

鉱山は、中山川と同じレベルにあったので、
千原部落よりはかなり標高の低い位置にありました。
ほとんどの坑口が閉鎖されていますが、
巨大なズリ山や幾つか開口した坑口があるので、
ダム建設の障害となっているそうな。
ここにダムができたら松山の水ガメになりえると、
計画だけは何回も浮上しては立ち消えているみたい。
Posted by マフ巻 at 2008年05月23日 22:04
床板やワイヤーはまだ大丈夫のように見えますが,主塔は木製ですか?
アンカーがしっかりしていればいけそうな気がしないでも…
Posted by taihei at 2008年05月23日 23:13
主塔は木製で、アンカーは枯れた立ち木だったような。。

一歩進むごとに左へ傾いていくので、五歩で引き返しました。
ありゃひっくり返りますぞ。踏み板はしっかりしてます。

下から行っても少し濡れるだけだからチャレンジするのはアフォかも。
Posted by マフ巻 at 2008年05月24日 11:24
>一歩進むごとに左へ傾いていくので、五歩で引き返しました。

そういう状態だとワイヤーが緩んでるか,ハンガーロープがだめになってるっぽいですね。

機会があれば右に体重預けて6歩までがんばってみるか?
Posted by taihei at 2008年05月25日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15178779
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック