2012年12月19日

久喜橋と油田

昭和10年竣工で、コンクリートアーチ構造をもつ久喜橋へ行ってきました。
tuki.jpg

この日は、しっぽつきさん、なおちさんと一緒にツーリングだったのです。
sippo.jpg
久万高原町にある、向山林道へ行った帰りに立ち寄りました。

高知県に現存する沈下橋の中で一番古い物だそうな。
6.jpeg
ちなみに鉄筋コンクリート製。
上路式で、二径間の桁橋+RCアーチ(13m)。 橋台は自然石!

コンクリート会社の敷地内?のようになった町道を下ると、↓ のように出現します。
2.jpeg
仁淀川の川幅が最も狭くなる場所、ゆえに激流となる区間に架けられていました。
3.jpeg
工事費を抑えながらも激流に耐える物を造る為、アーチと桁を組合わせたのでしょう。
4.jpeg
半ば埋まりつつも、親柱が現存!
5.jpeg
生活道路として現役であり、2004年3月に国登録有形文化財に指定されました。

ここから下は、漢の夢。なんと、この近辺には天然ガスが出るらしい・・・。
続きを読む
posted by マフラー巻き at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旧橋